Luana(ルアーナ)はハワイの言葉で 「皆で楽しむ」という意味があります。赤ちゃんとママ・パパを応援する情報を発信していきます。

赤ちゃんが喜ぶ手作りおもちゃ!作り方【5選】

赤ちゃんは周りにある、様々なものに興味津々!買ったおもちゃも良いけれど、身近なものをつかって、一緒におもちゃを作るというのも新たな発見があり、楽しいですよね!ここでは、手作りおもちゃとその作り方をご紹介します。
2018/09/15 UPDATE
 
85 views
  • 手作りおもちゃは必要?

  • 出典: i.pinimg.com
  • 子どもにとっての遊びには非常に大きな意味があり、健全な成長に欠かせない要素です。では、遊び道具を与えさえすれば、それでよいのでしょうか。

    冒頭で述べたように、子どもは好奇心旺盛である反面、飽きやすいという特徴があります。それゆえ、子どもの好奇心を常にかき立てるためには、それ相応の数のおもちゃが必要になるわけです。

    しかし、定期的におもちゃを買っていては出費が多くなり、家計に大きなダメージを与えることになりかねません。ですが、おもちゃを自作すれば出費を大きく抑えることができ、家計の心配はかなり減るはずです。

    また、一緒に創作することで、作ることへの楽しみや達成感を共有できるというのも大きなメリットと言えるでしょう。さらに、子どもが自分で創作することで、創造性が豊かになり、いわゆる情操教育に繋がります
    出典: j-depo.com
  • 子供に新しいおもちゃを買ってあげたのに、「あれ?もう飽きてる?」なんて経験をしたことのあるママは多いのではないでしょうか。確かに子供は好奇心旺盛かつ、飽きやすいですよね。手作りおもちゃであれば、普段はゴミになるものを再利用できたり、家計にも優しいのでうれしいですね。
  • おもちゃを作るとき、注意すること

  • 口に入れても安全か

  • 赤ちゃんはなんでも口に入れてしまいます。
    ・誤飲しないサイズかどうか
    ・舐めても害のない素材かどうか
    ・噛んだとき、壊れてしまわないか
    このようなことを確認して、万が一口に入れても事故のないようにしましょう。
  • おもちゃで怪我をしないか

  • ・切り口はビニールテープなどでしっかり補強する
    ・角がある場合、丸くする
    切り口や角で、手を切るなどの怪我をする恐れがあるので注意しましょう。
  • 次のページから、手作りおもちゃを紹介します。

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード