Luana(ルアーナ)はハワイの言葉で 「皆で楽しむ」という意味があります。赤ちゃんとママ・パパを応援する情報を発信していきます。

2人目を生んで分かった「育児で気にしすぎていた事」ベスト”4”

1人目のときは気になって仕方なかったのに、2人目になると良い意味で適当になるもの! 1人目のとき気にし過ぎていたと思うことをまとめてみました。
2017/03/28 UPDATE
 
798 views
  • 一人目の育て方と二人目の育て方が違う

    という話、よく聞きますよね。

    真剣質になりすぎる一人目の子育てと

    多少適当になる二人目(笑)

    確かに、一人目と二人目の育児は全く違いました^^

    そんな大きな違いがあるからこそ

    二人目を生んで『あそこまで真剣質になる必要なっかた』

    と思うことがあったので行くつかご紹介したいと思います。
  • 1 :授乳間隔

  • 出典: www.amoma.jp
  • 一人目の時は、授乳間隔を気にしていた!

    新生児のうちは、

    『3時間に1回、左右5分ずつを交互に30分』と言われたのを

    しっかり守って、授乳中は時計とにらめっこ・・・

    私は、キッチリ測りたくて授乳アプリを使ったりと

    必死だったのを覚えてます。

    二人目の時は、時間を測ることもなく

    子供が泣いたらあげる・・・と一人めの時に比べて

    赤ちゃんとママのペースで上げれるようになったというママも!

    また、完全母乳にこだわっていたが、二人目は

    無理なく、ミルクと母乳はうまく分けて上げてた!なんてママさんも

    たっくさんいました。

    私も、そのうちの1人です(笑)
  • 2 :泣かせないように必死

  • 一人目の時は、泣かないようにと

    必死になちゃいますよね。

    泣けば、すぐに抱っこしてとあやすことにいぱいっぱい

    何をしても、泣かれる時は一緒に泣いたな・・・

    なんてこともありました。

    また、外出中に泣かれることにビクビクした!なんて声もありました

    泣いてばかりなのは、自分の子だけなのかな・・・

    と不安になるママも多いみたいです。

    でも、1年や2年も一緒にいると

    泣いてしまうことも当たり前になったり、

    泣いてる赤ちゃんを必死にあやしてるママ

    時には、イライラしてしまうママさんに出会うこともあります。

    きっと自分もあんな感じなんだなと余裕が持てるようにも♪

    上の子の相手をしながらともなると

    「待ってねー」とちょっと待たせる余裕もできて来ます。

    自分のことはほぼ犠牲にしてた時と違って

    二人目は意外と余裕が持てるようになります。
  • 3 :自分に厳しくしすぎない!

  • 初めてのことが多い一人目は

    自分に厳しくなりすぎて、自分を自分で追い込んでしまうことが

    あり、イライラやストレスの原因にもなりますよね。

    二人目を妊娠した時、この大変さが2倍になるの!?

    なんて思うこともありましたが

    一人目の経験から、「今、優先すること」がわかって楽になるための

    方法もわかるようになりました。
  • 「ま、いっか」自分を許す育児法は次のページ

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード