Luana(ルアーナ)はハワイの言葉で 「皆で楽しむ」という意味があります。赤ちゃんとママ・パパを応援する情報を発信していきます。

スタイでオシャレ度アップ!選び方とおすすめスタイ【3選】

赤ちゃんのよだれかけ、スタイはよだれが増えてくると、毎日のように使用します。日々使うものだからこそ、実用的なものとしてはもちろんファッションの一部としても選べるとママも楽しくなりますよね。ここでは、選び方やおすすめのスタイご紹介します!
2018/10/05 UPDATE
 
83 views
  • スタイは必要?

  • 赤ちゃんの定番アイテムである、スタイ。
    スタイはよだれかけとも言う通り、赤ちゃんのよだれを拭くものです。
    個人差はありますが、赤ちゃんはよだれが多く、だらだらと垂らしてしまいます。
    吐き戻しも意外と多いものです。
    服に垂れたままだと濡れていて赤ちゃんの体が冷えてしまうことも考えられます。
    また、よだれで濡れるたびに服を着替えるのは大変です。
    唾液には消化酵素や塩分が含まれていて、
    よだれをそのままにしておくと赤ちゃんの肌荒れの原因となってしまうことがあるようです。
    よだれの多い赤ちゃんは、拭いても拭いてもよだれが垂れてきます。
    だからこそ、気になったらさっと口を拭けたり、汚れたらすぐに取り換えられるスタイが便利なのです。
    出典: iiiyashi.com
  • いつからいつまで使う?

  • 個人差はありますが、新生児期から1歳ごろまで使うことが多いです。新生児期は、まだよだれは気にならないかもしれませんが、ミルクを吐き戻したときに使うことができます。5カ月頃になると、だんだんよだれの量が増えてきます。よだれの多い子の場合、一日に何度か取り換えることもあるので、多めに用意しておくと安心ですね。1歳ごろになると、よだれも落ち着くので、スタイを使わなくなることが多いようです。赤ちゃんによって、よだれがあまり出ない子もいますし、1歳をすぎてもまだたくさん出る子もいて、個人差があります。お子さんの様子を見ながらスタイを用意してあげてくださいね。
  • 気を付けること

  • 赤ちゃんが寝ているときは使用しない  
    生後2~3カ月の頃からよだれが増える赤ちゃんが多いですが、この頃の赤ちゃんはまだねんねの時期で、自由に手足を動かすことができません。ねんねの時期の赤ちゃんにスタイを長時間つけたままでいると、赤ちゃんが動いた拍子にスタイが顔にかかり、鼻や口を塞いでしまう危険があります。
    ママが少し目を離した間に、赤ちゃんの顔にスタイがかかってしまう可能性があるので、ねんねの時期の赤ちゃんは抱っこしている間や、起きてママと一緒に遊ぶ時間などの短い時間の着用をおすすめします。寝返りやハイハイができるようになった赤ちゃんでも、寝ている間のスタイの着用は注意が必要です。赤ちゃんが寝ている間に寝返りをして、スタイが絡まってしまい首が絞まるなどの危険があります。

    よだれかぶれを悪化させる原因にもなる   
    毎日育児や家事に忙しいママは、赤ちゃんのスタイを交換するのを忘れていた!と焦る日がよくありませんか?よだれには消化酵素や塩分が含まれているため、スタイを汚れたままの状態で放置していると、デリケートな赤ちゃんのお肌はすぐにかぶれてしまいます。
    友人に聞いてみると、育児や家事でバタバタしていて、赤ちゃんのスタイの交換を何時間も忘れてしまっていたそうです。すると翌日に赤ちゃんの顎や口周りに赤い湿疹ができてしまい、赤ちゃんもかゆいのか手でずっと触っていたみたいです。病院に行くと先生から「赤ちゃんはこまめによだれを拭いてあげないと、すぐにお肌がかぶれてしまうので気をつけて」と注意を受けて反省したと話してくれました。

    スタイはカビが生えやすい
    赤ちゃんのお肌に直接触れるスタイは、清潔にしておくことが重要ですよね。毎日ちゃんと洗濯しているのに、ある日スタイに小さなポツポツとしたカビのようなものが生えていて、スタイが臭くてビックリしたと言うママは意外と多いですよね。この現象は、スタイに雑菌やカビが繁殖している可能性があります。スタイは赤ちゃんのよだれを受け止める役割があるため、常に湿っている状態です。赤ちゃんのよだれには栄養分が高い母乳やミルクが混ざっているため、カビ菌のいい餌になっています。
    特に夏の湿度が高くなる季節はカビが生えやすいので注意が必要です。カビが生えたスタイは捨ててしまうママが多いですが、雑菌やカビは熱に弱いので、熱湯に少しの間浸け置きすると殺菌できますよ。
    出典: teniteo.jp

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード