Luana(ルアーナ)はハワイの言葉で 「皆で楽しむ」という意味があります。赤ちゃんとママ・パパを応援する情報を発信していきます。

赤ちゃん用品には水通しが必要?水通しの方法や注意点とは?

出産準備をする際、水通しという言葉を初めて知ったというママも多いのではないでしょうか。水通しは、生まれてくる赤ちゃんのために、重要な準備の1つです。ここでは、水通しの方法や注意点をご紹介します。
2018/10/10 UPDATE
 
1,638 views
  • 水通しはなぜ必要?

  • 出典: araou.jp
  • 赤ちゃんの肌着や服を水通しする理由として、主に下記の2点があげられます。

    生地を柔らかくして汗を吸収しやすくする
    新品の服にはのりがついていることがありますが、水にさらすことでのりが取れて生地が柔らかくなります。さらに吸水性も良くなり、赤ちゃんの汗をよく吸い取ってくれるので、赤ちゃんの敏感な肌への負担が少なくなります。生地が柔らかいと、赤ちゃんが快適に過ごせますよ。

    ホルムアルデヒドを除去する
    ホルムアルデヒドとは、大人用や子供用の衣類に使われている薬品で、縮みやシワを防ぐ効果があります。衣類だけでなく、家具や壁といったものにも使われています。 ホルムアルデヒドは刺激が強いため、高い濃度のホルムアルデヒドが使われた衣類に触れると、皮膚障害やアレルギーを起こす可能性があります(※1)。そのため、生後24ヶ月以内の赤ちゃんを対象にした服や肌着は、ホルムアルデヒドの使用に厳しい規制がされています。しかし、ホルムアルデヒドは衣類に吸収されやすい性質があるため、ベビー服がビニール袋に入って販売されていても、出荷の途中や店頭で、ほかの衣類や家具に触れてホルムアルデヒドが移染している可能性があります。ホルムアルデヒドは水に溶けやすい性質があるので、ホルムアルデヒドを取り除くために水通しが推奨されています(※1)。
    出典: 192abc.com
  • 購入したものを袋から出さない方が、清潔なのではないかと思いがちですが、赤ちゃんのデリケートな肌を守るためにも、水通しは必要な作業なのです!
  • いつまでに水通ししておけば良い?

  • いつまでにという決まりはありません。ただ、赤ちゃんが生まれたときに、水通しが済んでいないと困るので、臨月に入る前には終わらせておくと安心です。妊娠8~9カ月ごろを目安に水通しをしておくのが良いですね。
  • 水通しが必要なアイテム

  • ・肌着、衣類
    ・スタイ
    ・ガーゼ
    ・バスタオル
    ・布団セット(布団やシーツ等)
    ・おくるみ

    このようなものを水通ししておくと安心です。
    他にも、赤ちゃんの肌に触れるものがあれば、水通ししておくと良いでしょう。

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード