Luana(ルアーナ)はハワイの言葉で 「皆で楽しむ」という意味があります。赤ちゃんとママ・パパを応援する情報を発信していきます。

実践してみよう!子どもの歯磨き嫌いを直す方法は?

歯磨きがキライなお子さんはたくさんいますよね。特にイヤイヤ期の頃はママもイライラ…。そんな子どもの歯磨き嫌いを直し、楽しく歯磨きができる方法を紹介します!
2018/10/22 UPDATE
 
58 views
  • 歯磨きをして虫歯を予防しよう!

  • 生まれたての赤ちゃんの口の中には、虫歯の菌はいないとされています。

    「子供の口の中に虫歯菌がいない」というのであれば、そこまで子供に慌てて歯磨きをする必要がないように感じますが、実際にはパパやママとのキスなどのコミュニケーションや、スプーンや箸の共有によって、子供の口の中には着々とミュータンス菌と呼ばれる虫歯菌が移っていくのです。

    1歳半~2歳半の間はミュータンス菌に感染しやすい最初の時期で、特に気を付けるべきです。しっかりと歯磨きをして、虫歯になるのを予防する必要があるのです
    出典: mamari.jp
  • キスや箸などの共有を気をつけていても、目に見えない菌はいつの間にか移っているものです…。
    1歳から2歳半まではしっかり歯磨きをし虫歯を防ぐ必要があります。
  • 寝る前の歯磨きは念入りに

  • 子供の歯磨きは、1日1回しっかりと磨いている方が1日に何度も磨くよりも、虫歯予防になるとされています。特に寝る前の歯磨きが大切です。

    毎日となるとお母さんもつらく感じてしまいますが、乳歯が生え揃う生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の時期がもっとも重要で、この時期にしっかり歯を磨いて予防できれば、その後は虫歯になりにくいとされています。
    出典: mamari.jp
  • 毎度しっかりと磨くというより、寝る前の一度だけならお子さんも我慢できそうですね!
  • 歯磨きを習慣に

  • 出典: fum2.jp
  • 生活習慣について、子どもが親の言うことをしっかり「理解する」のは3歳すぎくらいからで、それ以前は言い聞かせてもなかなか難しいものです。口にものをいれられることを嫌がる子どもも少なくありません。逆に何でも口に入れようとする時期もありますので、そのときに歯ブラシを持たせて、まねごと程度でいいので歯磨きの習慣をつけさせるようにしてみましょう。
  • 言い聞かせてやらせるよりも、
    歯磨きが習慣になるように慣れさせましょう。
  • なぜ歯磨きがキライなの!?

  • ◆歯磨きよりも遊んでいたい
    お子さまの「遊びたい」という気持ちが強い場合は、今は遊んでいたいので歯磨きしたくないと感じている可能性があります。なぜ歯磨きをしなければならないのか、遊ぶことよりも歯磨きが大切な理由を教えてあげましょう。

    ◆保護者に怒られたくない
    「ちゃんと磨きなさい」と保護者に怒られることが嫌で、歯磨きを拒否していることもあります。保護者の方は、お子さまが歯磨きをする時、自分自身がお子さまに対して機嫌悪く対応していないかどうか、振り返ってみましょう。

    ◆歯磨きは痛い(むず痒い)
    歯磨きをされると「口の中が痛い(むず痒い)」から、したくないと思っているお子さまもいます。歯ブラシを入れられること自体が怖くなってしまうと、スムーズに歯磨きができなくなってしまうでしょう。歯磨きをすることについて「痛い」、「むず痒い」、「怖い」というイメージをお子さまから払拭してあげることが大切です。

    ◆歯磨きよりも寝たい
    お子さまが眠くなってしまい、歯磨きを嫌がることもあるかもしれません。眠気がやってきているときは、歯磨きだけではなく、何をするにも機嫌がよくないことが多いのではないでしょうか。
    眠くなってしまう前に、歯磨きを終えておくのが理想的ですが、まずは夕食後すぐに歯磨きをする、ということを試したり工夫してみましょう。

    ◆触られるのが嫌
    そもそも歯磨きをするために「口の中に手や歯ブラシを入れられるのが嫌」または「顔を触られるのが嫌」「押さえ付けられるのが嫌」というお子さまもいます。徐々に慣れていくように、保護者の手が触れる機会を増やしていくことが大切です。毎日スキンシップをとるように、心がけましょう。
  • 歯磨きがキライな原因が分かれば、対策もしやすいですね。
  • 【実践】歯磨き嫌いを直す方法①

  • 出典: minne.com
  • ご褒美シールを作り、毎日歯磨きを続けることを意識させるという方法もあります。
    例えば、歯磨き1回に1個のシールを貼るというルールにしてみてはどうでしょうか。お子さまにはシールを購入する際に「歯磨きができた時に貼ろうね!」と説明し、シールは買う時も、貼る時も、好きな絵柄をお子さま自身に選んでもらいます。そうすることで、意欲を高めていくとよいでしょう。「次は○○のシールが貼りたい」という気持ちになるように、ゲーム感覚で楽しめるといいかもしれません。
  • 好きなシールをたくさん用意してみよう!
  • 【実践】歯磨き嫌いを直す方法②

  • 一般の方がおかあさんといっしょの曲に合わせて磨く動画や、可愛いアニメーション動画など、いろいろあるので日替わりで見せていました。

    お気に入りの曲が見つかったら、映像がなくても歌うだけで磨かせてくれるようになりました。
    出典: conobie.jp
  • 「おかあさんといっしょ」を録画しておいて、歯磨きの時に流すといつでも見れますね。
    またyoutubeなどの動画サイトにも歯磨きを楽しくしてくれる動画がたくさんありますよ♪
  • 【実践】歯磨き嫌いを直す方法③

  • うちの場合、歯ブラシは好きな1本を選ばせたら使い終わるまで同じものにしましたが、歯磨き粉は数種類用意し「今日は何味にする?」と聞いて、子供に選ばせました。

    歯ブラシに防水タイプなど水に強いシールを貼るのもオススメ!オリジナルの歯ブラシができますよ。
  • キャラクターの絵柄の歯ブラシは少し値段が高いですが、それで歯磨きを楽しくやってくれるなら安いものかも!?
    歯ブラシや歯磨き粉を数種類好きな物を用意すると、自分自身で楽しく歯磨きしてくれそうです☆
  • 【実践】歯磨き嫌いを直す方法④

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード