Luana(ルアーナ)はハワイの言葉で 「皆で楽しむ」という意味があります。赤ちゃんとママ・パパを応援する情報を発信していきます。

なかなかママと離れられない!幼稚園入園後に泣いてしまう我が子を園に預ける方法

幼稚園という場所は、子どもにとって初めてたくさんの人の中で生活を始める緊張の場!慣れるまではどうしても泣いてしまって、なかなかママと離れられずに泣いてしまう子もたくさんいます。そこで子どもが頑張れる言葉がけをご紹介します。
2018/10/17 UPDATE
 
79 views
  • だってママが大好きだもん!どうしても泣いてしまうわが子に涙するママも…

  • 出典: itmama.jp
  • 幼稚園への入園は、子どもだけでなく親にとっても初めての体験が目白押し!第一子では泣かなかったのに、第二子は大泣き…なんてことも少なくありません。号泣する我が子に、ママもウルッとしてしまうというママも少なくありません。
  • 入園してすぐは不安がいっぱい

  • 出典: itmama.jp
  • 子どもにとっての入園は、大人にとっての初めての入社と同じような心境に近いかもしれません。知らない人の中に自分一人…。ママじゃない大人(先生)から指示を出されて、初めての集団生活の開始!慣れるまでは大人だって大変なのですから、子どもにとっても慣れるまでは大変です。
  • 子どもはママの気持ちを見通している!?

  • 「うちの子、大丈夫かな…」「もしずっと泣いていたらどうしよう…」入園後の園生活は、ママの知らない世界です。不安な気持ちはよくわかりますが、その不安が子どもに伝染している可能性も…!送り出すママは、「行っておいで!」と気持ちよく背中を押してあげましょう。
  • 別れ方を一工夫!おすすめの別れ方3選

  • 幼稚園には、できるだけ毎日ニコニコで行ってもらいたいですよね!でもどうしても泣いちゃう我が子…。そんな時に実践して効果があった声掛けをご紹介します!幼稚園教諭時代に実践したものばかりなので、参考になれば幸いです♡
  • 1.「〇時にお迎えに来るからね」と硬く約束する

  • 出典: mamanote.jp
  • 子どもは園生活で何が不安なのかというと、「いつまで幼稚園にいるの?」「ちゃんとお迎えに来てくれるの?」という点です。家から離れて生活し、しかも子どもはお迎えが来なければ自力で帰宅することができません。なので「〇時にお迎えに来るからね」と具体的な時間を教えて厳守しましょう!時計がわからない場合は、絵にかいてあげて「短い針が〇、長い針が〇になったらママ来るから」と硬く約束して不安を取り除きましょう!
  • 2.力いっぱい抱きしめて「ママの元気を分けてあげる♡」

  • 幼稚園に登園する時間になると、子どもは次第に不安になってきます。そわそわしたり、登園前から半泣きになったり…。そんな時は「ママの元気を分けてあげるからね♡」と子どもを思いっきり抱きしめてあげてください。習慣化すると子ども本人も「ママとぎゅってしたから行ってくる!」と上手に切り替えを行えるようになってくる子もたくさんいます。
  • 3.「ママと先生は仲良しのお友達!」先生と仲良しだと子どもも安心

  • 出典: lovemo.jp
  • 先生とママはお友達!先生と険悪な雰囲気だと、子どもも先生を信頼せず、精神的に不安定になりやすくなります。「ママと先生はお友達なんだよ!」と先生とママが仲良しの様子を見ると、子どもも先生を信頼し始めて、精神的にも落ち着くことがあります。
  • 泣いて登園…そのあと我が子はどうなった?

  • 毎朝、今生の別れかと思うほどドラマチックに大号泣。文字通り“母親から引き剥がされるようにして登園する”ということが数ヶ月続きました。入園から1年以上が経過した今でも、たまに泣きすがることがあります。

    子供の大号泣はママにとっては罪悪感すら覚える一大事。見ているだけで辛くなるので「なんとかならないものか……」と、思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

    しかし、園の先生によると、このタイプの子供は母親の姿が見えなくなった途端、ケロッと泣き止んで大声で歌ったり踊ったりしているのだとか……。
    出典: itmama.jp
  • 子どもが毎朝大号泣!それでもママは先生に我が子を預けて帰宅するも、どうしても落ち着かないですよね。でも子どもは案外強くて、ママの姿が見えなくなったら自分のペースで身支度を始め、少しずつ園に慣れ、時間が経つと楽しく歌って踊って給食を食べて過ごす子も少なくありません。そして迎えに来たママを見て、急に寂しくなって朝のように大号泣という流れになることもあります。
  • 連絡帳を上手に使いましょう!

  • 子どもに聞いてみても園での様子がよくわからない場合は、連絡帳を上手に使いましょう!「別れ際は泣いていますが、園生活はどうでしょうか?」「迎えに行くと泣いていますが、ずっと泣いているのでしょうか?」など、気になる事を担任の先生に質問すると、先生も親身になって答えてくれます。連絡帳が先生との交換日記にならないよう気を付けて、気になる事を質問して不安を解消しましょう!
  • 入園は子どもだけでなくママにとっても大きな一歩!

  • 出典: chiik.jp

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード