Luana(ルアーナ)はハワイの言葉で 「皆で楽しむ」という意味があります。赤ちゃんとママ・パパを応援する情報を発信していきます。

子どもの手形足形アートで成長記録!やり方やアイディアをご紹介!

インスタグラムなどで人気の、子どもの手形足形アート。子どもの小さな手形や足形をとり、デコレーションをすると、とてもかわいらしいアート作品が完成します。ここでは、やり方や、どのようなアイディアがあるのかをご紹介します!
2018/10/26 UPDATE
 
1,586 views
  • 手形足形アートとは

  • 出典: i.pinimg.com
  • 手形・足形アートとは、インクや絵の具をつけた手や足で布や画用紙に手形をつけ、それを使って生き物や植物などを描くアート作品です。

    元々はアメリカの幼稚園で行われていたのですが、最近日本でも手形アートをよく見るようになりました。

    その人気の理由はなんといってもかわいさ。動物モチーフや昆虫モチーフなど、さまざまな生き物に変身する手形アートは子どもの手のかわいさもあいまってとってもおしゃれ。

    自分で色や形を決められるので、お部屋のインテリアにも合わせやすいです。

    また、絵が描けない赤ちゃんでもアート作品を作ることができる利点も!

    作品だけでなく、その制作過程も楽しめるのが手形アートのいいところです。
  • やり方

  • ■手形アートの描き方はとっても簡単!

    ①土台となる紙やプレートを用意。
    ②その上に絵の具を付けた赤ちゃんの手足をペタンと押して……。
    ③あとは手形を押した場所に、アレンジを加えていけばOK♡

    手形を何度も重ねたり、紙を切り貼りしたり、お子さんやご両親のお好きなデザインで飾るだけ! とっても簡単でシンプルなアートなんです♡
  • 子どもの敏感な肌に直接絵具を塗っても大丈夫か、心配なママも多いのではないでしょうか。有害物質を一切使用していない絵具や、子ども向けのフィンガーペイント用の絵具で、肌に直接つけても無害な商品もあります。肌の弱いお子さんは特に、肌にやさしい絵具を選ぶことで、安心して楽しめますね!
  • 注意点

  • 念のために、新聞紙などを敷いて汚れてもいい服でやると安心です。

    また、小さいお子さんと行うので、塗料を塗った手足をなめないようにママやパパが注意してあげてください。

    手形や足形を押した後は…
    ウエットティッシュでふく
    石鹸でしっかり洗い流す
    この2つをしっかり守ってくださいね^^
  • 赤ちゃんは、大人がちょっと目を離したうちになんでも口に入れてしまうもの。目を離さず、誤飲などが無いように気を付けましょう。
  • では、手形足形アートの作品をこれからご紹介します。すてきなアイディアがいっぱいですよ!!
  • 家族の手形でぞうさん

  • 出典: i.pinimg.com
  • パパ、ママ、そして赤ちゃんの手形を並べ、ぞうさんに見せた作品ですす。パパとママの大きな手の真ん中にいる、小さな赤ちゃんの手形のぞうさんがとてもかわいらしいですね。家族作品となり、温かさが伝わってきます。
  • 乗りものに変身!

  • 乗りものが大好きな男の子には、特に嬉しい作品ですね!自分の手形や足形が、こんなにかっこ良い乗りものに変身するなんて、お子さんにとっても宝物になりそうです!
  • LOVE

  • 出典: chilart.com
  • 絵の一部としてだけではなく、文字としても手形や足形を表現できます。子どもの小さな手と足がLOVEの文字の一部となり、温かな印象になりますね。
  • 有名な『はらぺこあおむし』にも

  • 出典: i.ytimg.com
  • 絵本で有名なはらぺこあおむし。足形を並べて、あおむしの体の部分が完成!お部屋に飾ると、カラフルでかわいい作品が、お部屋を明るくしてくれますね!
  • こいのぼり

  • 出典: tonkira.jp
  • 兄弟や姉妹で1つの作品を一緒につくるのも素敵ですね!毎年節句のお祝いに向けて、作品を作っていけば、兄弟姉妹の成長記録を、一緒に残しておくことができますね!
  • 手形足形アートを作ってみよう!

  • やり方はとても簡単な手形足形アート。子ども達の小さくてかわいらしい手と足は、あっという間に大きくなっていきますよね。そんな子どもの成長を、アートとして記録を残しておくことができるのは、嬉しいですね。また、アートを作る作業は、親子で一緒に楽しむことができ、お部屋に作品を飾ることで、お部屋も明るくなります。是非、手形足形アートを作ってみてください!

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード